堂前清隆フロントエンド 堂前清隆のポータルページ

松花堂前

松花堂前


大きな地図で見る

松花堂(しょうかどう)は、江戸時代初期の僧侶で文化人であった松花堂昭乗がその晩年の寛永14年(1637年)に構えた草庵の名称である。現在の京都府八幡市、石清水八幡宮のある男山の東麓にあった。明治初年の神仏分離に伴い、旧所在地の南方に移築。現在は「松花堂庭園・美術館」という文化施設となっており、財団法人やわた市民文化事業団が管理運営している。現・松花堂は、移転前の旧地とともに「松花堂及びその跡」の名称で国の史跡に指定されている。

Wikipedia - 松花堂より

松花堂弁当の由来として語られる松花堂昭乗が構えた庵が「松花堂」です。今でも史跡・観光地として観光客がが訪れますので、その前にバス停も設置されていますが、これは「松花堂前」という名前となっております。松花堂弁当を食べるときには思い出してみてください。